2010年02月21日

小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)

 小児がんと闘う子供や家族らのより良いQOL(生活の質)について考えようと、小児がん専門病院の建設を目指すNPO法人「チャイルド・ケモ・ハウス」(大阪府茨木市、楠木重範理事長)が21日午後1時から、大阪市中央区の国立病院機構大阪医療センターでシンポジウムを開催する。

 第1部では、チャイルド・ケモ・ハウスのほか、がんの子供を守る会関西支部や日本クリニクラウン協会など、関西で小児がんにかかわる活動をしている4団体が日ごろの取り組みなどを紹介。第2部のパネルディスカッションでは、小児科医でもある楠木理事長や小児がんで12歳の息子を亡くした患者家族、行政担当者らさまざまな立場の人がパネリストをつとめる。

 参加無料。申し込みはチャイルド・ケモ・ハウス事務局にメール(info@kemohouse.jp)かファクス(072・646・7073)で。問い合わせは同事務局((電)080・6148・1108)。

【関連記事】
皇后さまがチャリティーコンサートへ
チョコ募金でイラクの子供たちに薬を 小児がん医療支援のNGO
2歳で卵巣がんと闘う 生への実感、歌に乗せ
病気治療の子供を支援 アフラックが宿泊施設
「ゴールデンスピリット賞」に巨人・小笠原

枝野氏は法令解釈担当も=官房長官より適任−首相指示(時事通信)
「50歳」 まだまだ現役 明石のプラネタリウム(産経新聞)
<雑記帳>新作パズル テーマは萌えキャラ(毎日新聞)
いすゞ、天然ガス車4200台リコール=フィアットの乗用車も2500台(時事通信)
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申(産経新聞)
posted by クリバヤシ コウジロウ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。