2010年03月08日

鳩山首相、自身の指導力を自賛?!「かなりハーモニーがとれてきている」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は3日夕、「最終的にはコンダクター(指揮者)である私がいい音を出すように努力したいが、かなりハーモニーがとれてきているようになっている」と述べ、自らのリーダーシップに自信を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 また、政権発足後の半年間を「なかなか音の調整が手間取っていたとみられたときがあったかもしれない」と振り返り、これまでに閣内の足並みの乱れがあったことを認めた。

【関連記事】
首相「国民欺かない」 参院予算審議スタート
前原氏まるで他人事…小沢氏&トヨタに苦言で評論家気取り!?
首相、参院予算委前に「正直に真摯に誠実に」
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<空自官製談合>空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正(毎日新聞)
自宅のゴミの山に…母の遺体1年間放置 41歳「年金ほしさ」(産経新聞)
無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
JR京浜東北・高崎・宇都宮線で運行見合わせ(読売新聞)
阿久根市長、議会出席を拒否=「マスコミへのお仕置き」と−鹿児島(時事通信)
posted by クリバヤシ コウジロウ at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。