2010年03月09日

性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)

 大阪市内で平成21年10月早朝、窃盗目的で民家に侵入し、家にいた当時17歳の少女に乱暴しようとしたとして、強盗強姦未遂などの罪に問われた池田宏被告(41)に対する裁判員裁判の判決公判が5日、大阪地裁であった。杉田宗久裁判長は「強盗強姦の中でも悪質」などとして求刑通り懲役7年を言い渡した。

 杉田裁判長は判決理由で「性犯罪の量刑のあり方について、裁判員裁判が始まったのを機に、一般市民の処罰感情の上に立って改めて検討し直すことが求められる。これまでの量刑傾向はやや軽きに過ぎたと指摘せざるを得ない」と言及した。

 そのうえで、「これまでの傾向に照らせば、凶器を用いず、また性犯罪の前科がないことなどをみれば、法定刑の下限を相当下回る量刑が相当だが、生涯にわたって少女の人生に影響が及ぶことを考えると相当の重罰をもって臨むほかない」と指摘した。

【関連記事】
病院で性犯罪の被害相談も 警察庁の被害者支援推進計画まとまる
性犯罪多発ぶり返上へ 全国初の対策課、福岡県警に新設
神戸で強盗強姦男を再逮捕 現場の体液が決め手 兵庫県警
裁判員徳島地裁 「性犯罪の量刑見直しを」 判決理由で裁判長
「非出会い系」被害増大 性犯罪、児童買春の被害児童の4割 警察庁

野口飛行士 宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
一足お先に全面禁煙 神奈川でマック、ロイホ(産経新聞)
自民、若手の意見聴取でガス抜き 舛添氏「努力が足りないのは執行部の責任だ!」(産経新聞)
反射鏡70台、太陽を追う 三鷹市(産経新聞)
<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
posted by クリバヤシ コウジロウ at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。