2010年04月16日

天皇陛下、種もみをお手まき(産経新聞)

 天皇陛下は13日、皇居内の生物学研究所わきの苗代で、稲の種もみをまかれた。

 昨年収穫したうるち米の「ニホンマサリ」と、もち米の「マンゲツモチ」の2種を約30センチ四方の苗代20区画に丁寧にまかれた。

 来月中〜下旬の田植え、秋の稲刈りも陛下自ら行われる。収穫された米は11月の新嘗(にいなめ)祭など、皇室の祭事で供物に使われる。

【関連記事】
奈良・西大寺 皇甫東朝の名記された墨書土器出土 外国人名記された初の遺物
静養中の両陛下、須崎御用邸入り
みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策
眞子さまがICU入学式ご出席
外国人地方参政権問題に一石

奨学金返済「半額」 最長10年の救済措置(産経新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
<井上ひさしさん>9日に死去、75歳…小説家・劇作家(毎日新聞)
しろまるひめが住民登録=兵庫県姫路市〔地域〕(時事通信)
制裁延長は「当然」=拉致被害家族会の飯塚代表(時事通信)
posted by クリバヤシ コウジロウ at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。